--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-12

認知療法って?

体罰問題が毎日報道されていますが、その体罰について
人それぞれ捉え方や意見があると思います。
実際のその学校の生徒さんでも、自殺されてしまった生徒さんと、
その後記者会見をされた生徒さんで、捉え方や思考もそれぞれで
違っている事が分かります。

このような、出来事や物事に対しての捉え方や考える事を認知といいます。

以前講座をしていて、その講座準備の場つなぎで、受講者の人に向かって
「今朝早起きしたら、すごく空気が気持ちよくて、本当に早起きは三文の得だと思った」
と話して、後の雑談で自分がどう感じたか聞いたことがあります。

Aさんは「早起きが苦手な私を責められてるように感じた」
Bさんは「その感覚分かるから、この人とは合うと思った」
Cさんは「へ~そう思ったんだ。私はゆっくり寝てる方がいいや。」
Dさんは「あなたも早起きしなさいと言われてる気がした」
と、皆さんそれぞれに違う事を思っていました。
このようにパッと浮かぶ思考を自動思考と言います。

そしてこの自動思考の根本には、その人の基本的な人生観や価値観、信念という
スキーマという考え方があります。

上記のセリフから傾向として考えた時、例えば
Aさんは「私はダメな人間だ」
Bさんは「人間関係では価値観が合うかどうかが重要」
Cさんは「人は人、自分は自分。考え方が違うのは当たり前」
Dさんは「人の意見や指示に従わなくてはいけない」
というスキーマがあるのかもしれません。

これらを認知と言います。

これは実際に相手がどのような意図で言ったかという事実ではなく
自分がその出来事や物事をどう捉え、何を考えたかという事です。

人によって同じ事を聞いても捉え方、認知のパターンは様々で、
それぞれに異なる感情や行動につながります。

例えば、
Aさんは、落ち込み、自責の念に悩み、その事に気をとられ、
    講座の内容は一切頭に入らない。
Bさんは、価値観が合うと共感し、講座に積極的に参加しますが、
    講座より価値観が合う講師と親しい人間関係を築こうとする
Cさんは、講師自身にも講師の意見にも興味がなく、講座の内容を理論的に
    自分が知る事が大切なので、真面目に受講する。
Dさんは、講座の内容をどのように活用するかの講師の意見やアドバイスを重要視して、
    自分もしなくてはならないと思う。
というように視点も変わり、その行動も変わる可能性があるのです。

認知療法とは、この人それぞれの認知を見つめ、
その思い込みによって辛くなるような非適応的な認知を、
客観的な見方の適応的な認知に変えていきます。

例えばAさんの場合
「早起きは苦手だけど、起こしてもらえれば起きることができる。
早起きは苦手な事はダメかもしれないが、自分がダメな人間なわけではない。」
といったように自動思考のゆがみや認知の誤りに気づき、変えていくのです。

私たちは多くの「よい」特性と「悪い」特性を誰もが持っていることを知る事です。
たった一つの失敗やたった一つの「悪い」行動で自分という人間を全面的に否定するような
「全体ダメ評価」をしないことです。

興味がある方は、私はこれらの本は分かりやすかったです。

図解 やさしくわかる認知行動療法 図解 やさしくわかる認知行動療法
(2012/07/06)
不明



はじめての認知療法 (講談社現代新書) はじめての認知療法 (講談社現代新書)
(2011/05/18)
大野 裕


読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yappyipod4

ニックネームyappyipod4
やる気マスター

いっしょに、やる気について、考えましょう!

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。